ママ活できる年齢は何歳から何歳まで?18歳でもできる?ギモンを解決!

ママ活できる年齢

「ママ活って何歳までできる?」

「10代の需要が高いって聞いたけど、18歳以下でもママ活して大丈夫?」

女性(ママ)と食事やデートを行い、お小遣いをもらうママ活。

誰でも手軽にでき、出会い系サイトやマッチングアプリでも人気のママ活で稼ぎたいという人も多いのではないでしょうか。

しかし、ママ活には人気の年齢層やママ活が厳しい年齢層などがあり、ママ活で稼ぐには年代別の攻略法や需要を理解しておかなければいけません。

そこで、この記事ではママ活の年齢別の需要や攻略法を徹底解説!

この記事を読めば、ママ活の年齢別の需要が分かり、以前よりもママ活で稼ぎやすくなること間違いありません。

また、この記事は10代からママ活を行ってきた筆者が解説しており、信憑性はかなりあります。

ママ活でガッツリ稼ぎたい人、ママ活の年齢が気になる人は、ぜひこの記事を参考にしてください。

Jメールなら希望の相手がすぐに見つかる

Jメール

今なら最大20人のママと【無料】でやりとりできちゃう😂

読みたいところをタップ!

ママ活できる年齢は決まっている?年代別の需要を紹介

早速、ママ活と年齢の関係性を解説します。

ここでは、最も需要のある10代から、ママ活が厳しくなってくる40代までに絞って見ていきましょう。

それぞれ需要や戦略が異なるので、自分の年齢層に当てはめて参考にしてください。

10代は需要が高くて貴重!ただし18歳以下は×

結論、ママ活は18・19歳が最も人気があります。

なぜなら、10代でママ活をやっている人は少ないからです。

特に、将来有望な大学生をママは応援したがるので、10代の需要の高さは言うまでもありません。

10代の男性を好きなママの特徴として、

  • 経験値のない男性を応援したい
  • 10代の男性を可愛いと思っている
  • 10代の男性に母性本能がくすぐられる
  • 40代以上の女性

このような特徴が挙げられます。

ひとつひとつ見ていきましょう。

経験値のない男性を応援したい

10代の男性というのは社会経験も少なく、女性に対しての経験値も少ないです。

10代の男性を好きなママは、そんな男性を応援したいと思っています。

したがって、社会のことを全く知らないよう、子供っぽさをアピールすることが重要です。

10代の男性を可愛いと思っている

10代の男性が好きなママは、10代の若い男性を「可愛い」と思っています。

10代の男性に恋愛感情があるママも一定数いますが、大多数は恋愛感情ではありません。

10代の男性を本能的に「可愛い」と思っているので、ホテルに誘われるようなことは少ないでしょう。

10代の男性に母性本能がくすぐられる&40代以上の女性

10代の男性が好きな女性は、40代以上であることが多いです。

これは、ちょうど息子くらいの年齢のため、母性本能がくすぐられるから。

しかたがって、10代の男性が好きなママは、自分の息子のように思いながら食事やデートをしています。

ここまで10代の需要の高さを解説しました。

しかし、18歳以下の高校生は別。

なぜなら、18歳以下のママ活は警察が厳しくパトロールを行っており、補導や売春の疑いを掛けられてしまうからです。

このため、ママも18歳以下の男性は相手にしてくれません。

もし、あなたがママ活を考えている高校生であれば、ママ活をするのは高校を卒業してからにしましょう。

また、10代のママ活で稼ぐための攻略法は、「変に大人ぶらず、子供っぽく接する」ことです。

10代が好きなママは、経験値のない男性を好みます。

したがって、経験値がない子供のように接することで、ママからの評価と人気が上がること間違いありません。

10代の人は、ぜひ参考にしてください。

Jメールなら希望の相手がすぐに見つかる

Jメール

今なら最大20人のママと【無料】でやりとりできちゃう😂

20代はママ活のピーク! ママにも人気で始めやすい

20代はママ活のピークとも言える年齢層で、10代並にママからの人気があります。

20代のママ活は10代同様に大学生が多く、20代後半よりも20歳前後が人気でママ活で最も稼げる年代だと言えるでしょう。

20代が好きな女性は10代から60代までと幅広く、様々な趣味趣向を持ったママに出会えます。

しかし、20代はライバルが多いのも事実です。

したがって、誰でもママ活でしっかり稼げるわけではありません。

20代のママ活のライバル達は、他の人よりもママから気に入ってもらえるよう、髪型・ファッション・教養などを磨いています。

イケメンはもちろんママにモテますが、それ以外の部分も継続的に自分磨きできる人が、20代のママ活では稼げています。

また、高収入なママは「子供っぽすぎる」男性はあまり好かず、20代半ばの大人の色気が少しで始めたような男性が好みです。

したがって、ママと話を合わせたり、デートでママをエスコートできるよう、大人の余裕を身につけましょう。

このように、20代と10代はママ活としては最適な年齢ですが、若干求められている需要が異なります。

20代の男性が好きなママの特徴は以下のとおりです。

  • 10代の男性よりも大人の色気を求めている
  • 大人過ぎず、子供過ぎない男性が好き
  • 20代の容姿的に最もかっこいい時期の男性が好き
  • ホストなどにも通っている

このような特徴が挙げられます。

ママ活において20代がモテるのは、ホスト業界を見ても明らかです。

ホストのお客さんとママの年齢層や経済状況は似ており、どちらも経済的に余裕のある女性が多いです。

そして、ホストで最も多い年代は20代ですよね。

したがって、経済的に余裕のある女性は20代の男性を求めていることが分かります。

もし、あなたが20代でママ活をしようか迷っているなら、今すぐ始めるべきです。

次章で解説しますが、20代から30代になるとママ活の難易度が一気に跳ね上がります。

したがって、20代と30代とではそれだけ需要の格差も大きいです。

20代はお酒も飲めるようになり、ママ活で最も稼げる時期です。

ママ活を考えている人はこの時期にやらないのはかなりもったいないので、この記事を読み終わったら今すぐママ活を始めましょう

また、他のライバルに負けない「自分磨き」も頑張ってください。

Jメールなら希望の相手がすぐに見つかる

Jメール

今なら最大20人のママと【無料】でやりとりできちゃう😂

30代でもママ活している人は多い

30代でもママ活をしている人は多いです。

しかし、20代の頃よりも需要はかなり下がり、求められるレベルも跳ね上がります。

30代でママ活をしたい人は、他の男性よりも優れている「何か」がないと人気が出ません。

なぜなら、10代や20代の男性はスペックが普通でも「若い」というアドバンテージがあります。

しかし、30代で普通の男性は「ただのオッサン」です。

経済的に余裕のあるママは、ただのオッサンにお小遣いを渡そうと思うでしょうか。

答えはNOです。

では、30代でママ活をしている男性が全く稼げていないのかというと、そうではありません。

彼らの中には、10代や20代以上に稼でいる男性も多くいます。

なぜ、30代でも稼げているのかと言うと、他の男性にはない「何か」を持っており、ただのオッサンになっていないからです。

ここで言う「何か」とは、以下のようなものが挙げられます。

  • ルックスやスタイルが他の人よりもかなり良い
  • 30代にしか出せない大人の色気を持っている
  • 内面的要素が素晴らしい
  • 若い人とは違う魅力を持っている

このような特徴がある人は、30代のママ活でも人気が出るでしょう。

ここまでの解説でもうお気づきかも知れませんが、30代のママ活は10代、20代と同じ戦略で戦っても勝てないです。

なぜなら、若い男性と全く同じ魅力しかない場合、ママは30代ではなく若い男性を取るからです。

したがって、30代のママ活では若い人には出せない「大人の魅力」を身につける必要があります。

大人の魅力とは、デートでママを完璧にエスコートしたり、様々なことをスマートにこなすなど、ふとした時に出る仕草が挙げられます。

また、30代は若い男性よりも内面的に優れていなければいけません。

内面的に優れているとは、余裕や包容力などです。

その逆に、30代で子供っぽい男性は、絶対にママ活で人気が出ないでしょう。

最後に、30代はママ活だけで生活をしていくのはかなり難しいです。

実際、ママ活のみで生計を立てている30代の男性もいますが、かなりの少数派であることは間違いありません。

そもそも10代、20代であってもそんな人を見つけるのは簡単ではないので、30代のママ活は本業と並行しながら活動するのがベスト。

バイトやお小遣い稼ぎ感覚で行うようにしてください。

40代になってくるとさすがにママ活は厳しい

40代になると、ママ活の難易度はそれまでとは比べ物にならないくらい跳ね上がります。

その理由は単純で、40代になると極端に容姿の衰えが目立つからです。

多くのママは、「同じお小遣いをあげるのなら、若くてかっこいい男性が良い」と思っています。

したがって、40代の男性がママ活で稼ぐには、よほどの何かを持っていないと難しいです。

ここで、もう一度ホスト業界に話を戻しましょう。

ホストもママ活と同じく、40代以上の人はほとんど働いていません。

ホストはお酒を飲む職業なので体的に厳しいこともありますが、40代以上は頑張っても人気が出ないことが挙げられます。

もし、40代でママ活のみで暮らしたいのであれば、ママと恋人関係になり、家に住まわしてもらう「ヒモ」のような形になる他ありません。

しかし、ヒモはママ活と同じようにママからお小遣いをもらえるとは限らず、収入も減少してしまうでしょう。

また、ママの気が変わり、ヒモ生活がいつ終わりを迎えてもおかしくありません。

このように、40代でのママ活は非常に厳しいものがあります。

したがって、現在ママ活をしている人は、40代になるまでにママ活から卒業するべきです。

先程も解説しましたが、ママ活は30代でも厳しいので、20代後半か遅くても30代半ばくらいにはママ活から卒業されることをおすすめします。

もし、あなたが30代以下で長期的にママ活をしているのであれば、40代になるまでにそのお金を利用して自分のやりたいことやビジネスを始めましょう。

ママ活で稼げる年齢は限られているので、稼げるうちに稼ぎ、そのお金を有効活用するのが最も良いママ活の方法だと考えます。

40代でママ活を検討している人は、ぜひ参考にしてください。

ママ活に年齢制限はないけど若いと有利

今回は、ママ活の年齢と需要、また年齢別の戦略などを解説しました。

まとめると、

  • ママ活に年齢制限はないが、40代以上はかなり厳しい
  • ママ活でガッツリ稼ぐなら、10代20代がおすすめ
  • ママ活にはライバルも多いため、容姿・服装・内面を常に磨き続ける
  • ママ活は、30代までにできるだけ卒業しよう

結論、ママ活に年齢制限はありません。

しかし、年を重ねる毎にその需要は下がっていき、40代を超えるとママを見つけるのがかなり厳しくなります。

今、10代20代の人は積極的にママ活を行っても良いですが、できるだけ30代くらいで卒業しましょう。

ママ活の極意は、稼げるうちに稼いでダラダラ続けないことです。

これを守れば、ママ活でしっかり稼げるでしょうし、将来困ることもありません。

ママ活の年齢で困っている人は、ぜひこの記事を参考にママ活を頑張ってみてくださいね。

Jメールなら希望の相手がすぐに見つかる

Jメール

今なら最大20人のママと【無料】でやりとりできちゃう😂

役に立ったらシェアしてね!

コメント

コメントする

読みたいところをタップ!
閉じる