ママ活はイケメンじゃないと無理?イケメン顔の作り方や写真の撮り方を解説

ママ活イケメン顔

この記事では、ママ活でイケメンが有利な理由と、顔がイマイチでもママに好かれるイケメンになるための方法を紹介します。

ママ活アプリ・サイトで第一印象を良くしてチャンスをつかむための、イケメンに見せる写真の撮り方など役立つ情報も紹介しています。

ママ活で稼ぎたいけれど自分の顔に自信がないという男子や、思うようにママのハートをつかむことができずに苦戦している男子は、是非この記事を最後までじっくり読んで、ママ受け抜群のイケメンに近づいてください。

読みたいところをタップ!

ママ活でイケメンが有利な理由

ママ活をするなら外見に関してはイケメンであることが圧倒的に有利です。

その理由について詳しく説明します。

やっぱりママは若いイケメンが好き

年下男子とお付き合いしたいママは、外見の良さを重視することが非常に多いです。

ママ活できる年齢は10代からということもあり、ママにとってはかなり年下の男性となります。

同年代や年上の男性ではなくあえて自分よりもかなり年下の男子を好むということからも、男子には渋い雰囲気ではなく若々しさを求めています。

ママは、ジャニーズ系のかわいい美少年や、若手のタレントやアーティストのようなおしゃれな雰囲気の感じられるイケメンが大好きです。

若い男の子を一緒にいて目の保養にしたいと思っていたり、かっこいい男子と一緒にデートすることでワクワク感や周囲に対しての優越感を感じたいと考えているのです。

そんな希望を満たしてくれるのが年下のイケメン男子ということなのです。

ママは特別な気分を味わえるなら、お手当を払ってでもイケメン男子とお付き合いとしたいと思っています。

第一印象で選ばれやすい

ママ活を始めるとき、どのような出会いで会っても、まずは顔を見せることから始まります。

ママに限ったことではないですが、誰でも外見の良い人には惹かれやすく、第一印象も良くなりがちです。

長く付き合うとなると、もちろん内面も大切ではありますが、最初のきっかけをつかむために外見の良さは重要なポイントとなるのが事実です。

もし、同じような条件のママ活男子がいたとして、イケメンとそれ以外だったらやはりイケメンを選ぶというママが多数派でしょう。

つまり、イケメンはママ活でもチャンスをつかみやすく非常に有利なのです。

もちろん、ママ活で稼ぐためには工夫や努力も必要ではありますが、イケメンの場合はスタート地点で既に成功率が高く周りのライバルに差がついていると言ってよいでしょう。

会った後の行動も良く見られるようになる

いくらイケメンだからとママに気に入られたとしても、実際に会ったら行動や内面でママからの評価が下がることはあるのでは?と考える人もいるかもしれません。

しかし外見が良いと、行動や内面まで良く見られやすいのです。

たとえばイケメンなら、もし食事の際のテーブルマナーに慣れていなくてもかわいいと感じてもらえることが多いです。

ちょっとわがままを言われても甘えられたことをうれしく思われたり、そっけない態度でもクールでかっこいいなど、何かとプラスのイメージを持たれやすいのです。

つまり、イケメンであることであらゆることをカバーできるので、会ってからも簡単にイメージダウンされるようなことがありません。

ママ活で有利なイケメン風になる方法

ママ活でイケメンが有利であることはわかっても、元々イケメンじゃないという男子はどうしたら良いのでしょうか。

誰でもイケメン風になる方法をアドバイスします。

美容室で今風の髪型にする

髪型は顔の印象をかなり左右します。

たとえ顔立ちが良くても、ダサい髪型や似合わない髪型をしているとイケメンに見られませんし、逆に顔が特別イケメンではなくても、髪型次第でママから人気の雰囲気イケメンに変身することが可能です。

髪型を変えるなら、床屋ではなく今風の美容室に行きましょう。

床屋は料金は安いですが、伸びた髪を短くカットしたいという目的の人に向いています。

自分に似合う髪型、今流行りの髪型にしたいなら美容師がじっくり相談に乗ってくれる美容室に行くことをおすすめします。

「自分に似合う感じで、かっこいい感じにしたい」と伝えれば、センスの良い美容師ならイケメンヘアに変えてくれるはずです。

自然な茶髪もママからは受けがいいので、カラーリングの相談をしてみてもいいでしょう。

スキンケアを欠かさない

元の顔立ちが整っていたとしても、肌荒れがひどかったりニキビ肌だったりすると、はっきり言ってママ受けは良くありません。

ママの好きなイケメン男子は、韓流アイドルのように人形のように肌が綺麗なイメージなのです。

女性は日頃から美肌のためにスキンケアをするのが当たり前ですが、男性は毎日しっかりお手入れをしている人はあまり多くありません。

肌状態が悪いと年齢よりも老けて見えますし、イケメン度もかなり下がってしまいます。

最近では、男性向けのスキンケア商品も豊富に発売されています。

ドラッグストアなどで手軽に揃えてもいいのですが、美肌を手に入れたいのなら専門店のカウンターで店員さんのカウンセリングを受けた方がより効果を感じられるでしょう。

ヒゲや眉はちゃんと整える

男性の中には、ヒゲや眉を伸ばしっぱなしにしている人もいますが、ママはワイルドな男性よりも女の子のように綺麗な顔をした美男子が好みです。

また、ママだけでなく女性というのは男性の外見では清潔感を重視するため、お手入れされていないヒゲや眉は大きなマイナスイメージとなります。

メイクまでする必要はないですが、身だしなみとしてヒゲや眉は面倒でも日頃からちゃんと整えておくようにしてください。

男性はつい眉の手入れとなると剃り上げて極端な細眉にしてしまいがちですが、ヤンキーのようで逆効果です。

清潔感とナチュラルな雰囲気を大切にしましょう。

ヒゲが濃くて剃ると青くなってしまうような男性は、最近人気のヒゲ脱毛を検討してみても良いでしょう。

ファッションは自分の雰囲気に合わせる

女性は男性以上に服装やコーディネートを重視し、見る目もなかなか厳しいものです。

ママだけではなく、イケメンでもダサいファッションだと絶対無理という女性は少なくありません。

逆に見た目がイマイチだとしても服装がおしゃれなら一緒に歩いていて恥ずかしくないと印象が良くなります。

ただ、ファッションは人によって似合うものと似合わないものがあるのも事実です。

自分を魅力的に見せるためのファッションがわからないという場合には、無理に自分で洋服選びをしようとせず、若者に人気のファッション店に足を運び店員さんに選んでもらうことをおすすめします。

自分に合った雰囲気のおしゃれなコーディネートに身を包めば、ママからもセンスが良いと思われてイメージアップすること間違いありません。

靴はキレイにしておく

髪型やスキンケア、服装などいろいろなことに気をつけているつもりでも、意外と見落としやすいのが足元です。

どんなにかっこいい洋服を着ていても、靴がボロボロだったり汚れていたりすると、ママはがっかりしてしまいます。

おしゃれは足元からというように、イケメンになるためには靴が綺麗であることにも気を配らなければなりません。

もし、おしゃれな服装に合うような靴を持っていないのであれば新たに購入しましょう。

靴を購入する際に安さばかりを重視するとすぐにボロボロになってしまうことが多いので、靴選びでもあまりケチケチしないようにしてください。

そして、ママと会う前には全身をチェックして、靴が汚れていないことも必ず確認してください。

ママ活に使うイケメン写真を撮る方法

イケメンが好きなママは、まずはママ活男子を写真で判断します。

ママ活アプリ・サイトではプロフィールやママへの自己紹介に使うので、重要となります。

できるだけイケメンに見せてママの関心を引きつけるような写真を撮る方法を紹介します。

自分の顔が一番かっこいい角度で撮る

イケメンに見えるかどうかは角度がかなり影響します。

一般的には下から撮ると不細工に見えやすいので避けましょう。

顎を引いてやや上の角度から撮影すると小顔に見えやすいなどポイントはありますが、顔立ちによってイケメンに見える角度は異なります。

まずは鏡の前で自分が一番かっこよく見える角度を研究してみましょう。

鏡に映った自分をスマホで撮影したり、スマホのインカメラで自撮りをしたりすれば、自分がかっこよく見える角度がわかりやすく、イケメン風に見せることができるはずです。

ただし、イケメンに見せようとして過度な加工をするとかえって不自然に見えたり、会った時にイメージと違いすぎたりということがあるのでやめましょう。

ライティングを意識する

写真でイケメンに見せるためには、ライティングも重要です。

光の当たり具合によっては、肌の粗が目立ちにくく美肌に見せることができたり、顔立ちをくっきり見せることもできます。

同じ人でも光の加減によって実物より不細工に見えてしまったり、逆にイケメン度がアップすることが良くありません。

自然光であっても当たり具合によって写真写りが変わるので、1カ所だけでなくいろいろな場所で撮影してみたりカメラの角度を変えてみたりしましょう。

撮影した写真の明るさやハイライト効果を後から調整することもできるので、よりイケメンに見せたい場合は後から調整してみるという方法もあります。

背景は自然や私物など入れて好感度をアップさせる

イケメンに見せるためには、周りの雰囲気も重要です。

綺麗な景色やおしゃれなインテリア、センスのいい私物などを背景に写真を撮影すれば、イケメンではなくても素敵な雰囲気を演出することができます。

男性はどちらかというと女性の写真では顔やスタイルばかりに注文しますが、女性は全体的な雰囲気や印象も大切にしています。

ママに限らず映える写真が好きな女性は多いので、ママ活で使う写真を撮影する場合は背景にも気を配ると効果的です。

汚い部屋を背景にしていたり、背景が何もない写真の男性よりも、全体的にセンスの良い雰囲気の写真の男性の方がママ受けは断然良いです。

ママ活でウケないイケメンの言動

ママはイケメンが大好きですが、イケメンだからといって態度が悪ければ嫌われてしまうこともあります。

ママ活で避けるべき言動について説明します。

高圧的で傲慢な態度

どんなにイケメンでも、高圧的で傲慢な態度をとられるとママは不快に感じ、一緒にいても楽しくないと感じてしまいます。

一緒にいて嫌な気分になってしまうような男性とはママもお付き合いしたくないのでお断りされてしまうでしょう。

ママ活ではママを楽しませてお手当をもらうことになります。

自分がたとえイケメンだとしてもママを見下して大きな態度をとることは禁物です。

ママに対する感謝の気持ちを忘れずに、ママを喜ばせたり癒したりするような気配りを心がけてください。

デートの間はたとえつまらなくても態度には出さず、お手当をもらったらちゃんとお礼を伝えることがマナーです。

露骨な性的アピール

男性の視点からすると、ママ活はセックスをするものだと思っているはず、などと考えてしまいがちです。

確かにイケメンと関係を持つことを望んでいる女性は少なくありません。

しかし、ママ世代の女性は必ずしも性的な関係を積極的に持ちたいと考えているわけではありません。

一方的に性的な発言をしたり誘ったりするとママから敬遠されてしまいますし、下品な印象を持たれてしまいます。

むしろ、普段はあまり性的なことを考えていなそうな男子の方がママ受けは良好です。

もしそのような雰囲気になった時にも、普段の好青年らしい様子とのギャップでドキドキしてもらうことができます。

雰囲気とキャラが一致しない

ママに好かれようとして無理矢理キャラを作ろうとするのは逆効果です。

せっかく見た目は都会風のおしゃれな雰囲気なのに、気さくで楽しいキャラに見せようとして無理な関西弁や寒いギャグを連発するとママはがっかりしてしまいます。

また、年下の初々しさが魅力のはずの男子が、ママを口説くためにやたらキザなわざとらしい台詞を言うと微妙な感じになります。

ママは自分の雰囲気やイメージを気に入ってくれているわけなので、なるべくそこから外れるような言動は避けるように気をつけてください。

ママとお付き合いをすることになったら、まずはママが自分のどんなところを気に入っているのか、ママ活男子に何を求めているのかを見極めてできる限り理想に近いイメージを演出することが大切です。

【結論】誰でもママ活で人気のイケメンになれる!大事なのは変わる勇気

ママ活では、やはりイケメンが圧倒的に有利であることは事実です。

しかし、ママにとってのイケメンとは単に顔がいいだけではないので、努力次第でイマイチな男子でもイケメンになることができます。

逆にイケメンだからといって努力をしないとママ活では成功することができません。

大切なことは、ママ活で成功するためにイケメンになろうと変わる勇気です。

この記事で読んだことを実戦すれば、必ず今よりもイケメンに近づくことができ、ママのハートをしっかりとつかむことができるはずです。

役に立ったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

読みたいところをタップ!