ママ活でセックスしても良い?年上女性とセックスするメリットや注意点

ママ活 セックス

20代男性のお小遣い稼ぎとして近年人気が出てきている「ママ活」。

大学生のバイトとしても人気があるので、興味がある方も多いですよね。

とはいえ、ママ活初心者の方は「ママ活ってセックスしても大丈夫なの?」「ママ活でセックスを求められる場合はどれくらいある?」このような疑問がありますよね。

そこで、この記事ではママ活におけるセックスの実態や、ママ活でセックスをするべきなのかについて徹底解説します!

現在ママ活中で女性からセックスを求められている方や、ママ活にチャレンジしてみたいけど、セックスの有無が不安で一歩を踏み出せない方は、ぜひこの記事を参考にしてください。

読みたいところをタップ!

ママ活でセックスするのはおすすめできない

ママ活 セックス できない

結論、ママ活でセックスするのはおすすめできません。

これには「売春防止法」の観点と「ママ活の実態」の2つの理由があります。

まず、売春防止法の観点からです。

売春防止法の定義は以下のようになっています。

第二条 この法律で「売春」とは、対償を受け、又は受ける約束で、不特定の相手方と性交することをいう。

https://www.town.shibata.miyagi.jp/reiki_int/reiki_honbun/1703600004150411h.html

このように定義されています。

つまり、対償であるお金が発生するママ活でセックスをすると、売春防止法に引っかかる可能性があるのです。

売春防止法に違反すると、3年以下の懲役又は10万円の刑罰が下されます。

そのため、男性にもママ側にもリスクのある行為だということを覚えておきましょう。

次に、ママ活の実態の観点からです。

私の経験上、セックスをしたがるママはそこまで多くいません。

せいぜい10人に1人くらいの割合なので、セックス目的だけのママ活は成功しづらいです。

ママ活ではお喋りや純粋なデートを楽しみたいと思っているママが多く、ママ活で稼ぎたいのであれば、デートの延長線上にセックスがあると考えましょう。

優先順位の最初にセックスが来てしまってはいけません。

ママ活でセックスするメリット

ママ活 セックス メリット

先ほど、ママ活でセックスするのはおすすめできないと解説しましたが、実はセックスをするメリットもあります。

ここでは、実際に私がママ活をする中で感じた、ママ活でセックスをするメリットを見ていきましょう。

報酬・相場が上がる

最初のメリットは、セックスをすると報酬や相場が上がりやすいことです。

最初からセックス目的のママ活は別ですが、純粋なデートからセックスをする場合、その分の手当や報酬をもらえるケースが多々ありました。

また「今夜は泊まりにおいで」といった感じで、ママの自宅に出向き、1日デートやお泊まりデートでかなり稼げた経験もあります。

通常のデートよりもかなり高い報酬をもらえるので、ママ活でセックスをする最大のメリットだと言えるでしょう。

ママのテクニカルなセックスを味わえる

次のメリットは、ママのテクニカルなセックスを味わえることです。

フィクションではありますが、PornhubXVIDEOSではママ活シチュエーションのエロ動画があふれているように、30代40代ママのセックスは魅力的です。

これは30代や40代のママとセックスをする際に感じたことなのですが、年齢を重ねている分、同世代の女性とは違う、妖艶でテクニックのあるセックスを体験できます。

「同世代の女の子とのセックスは飽きてしまった……」という方は、ぜひテクニカルなママを見つけてみてください。

きっと、忘れられないような夜になりますよ。

ママとの関係をキープできる

また、セックスをすることで生まれる絆や、ママとの仲もメリットの一つです。

やはり、純粋にデートだけをしていると、ママとの関係はすぐに切れてしまいがち。

しかし、デートから一歩踏み出し、セックスでママを満足させてあげられれば、ママとの関係は切れづらくなります。

これは私の実体験でもありますが、セックスをしたママの方がその後のリピートや長期的な関係になりやすかったです。

決して絶対ではありませんが、長期的な関係を築きたいなら、ママとのセックスも検討してみましょう。

ママ活でセックスするときの注意点

ママ活 セックス 注意点

ここからは、ママ活でセックスをする時の注意点を解説します。

実際、私もママ活のセックスで危ない目に遭った経験があるので、トラブルに巻き込まれないよう注意してください。

性病・妊娠のトラブルに遭う可能性がある

最初の注意点は、性病や妊娠のリスクです。

ママ活男子にセックスを求めるママは、正直なところ貞操観念の低い女性が大半を占めています。

そのため、性病に感染していることを黙ってセックスを求めてくるママもおり、いつ性病に感染してもおかしくありません。

また、ゴムを付けずに生でしたがるママが多いことも事実です。

そのため、男性側が気をつけていても妊娠のリスクがありますし、万が一妊娠させてしまうと、ママが男性のことを本気で好きになってしまうケースもあるでしょう。

不倫がバレたらダメージが大きい

続いて、ママが既婚者だった場合のリスクです。

既婚者ママとセックスをすると、それは立派な不倫行為に該当します。

既婚者だと知っていた場合は、慰謝料請求や裁判沙汰になるケースも多く、日常生活にも影響を及ぼしかねません。

また、そこまで大ごとにならなかったとしても、ママの夫に怒鳴られたり、殴られることも考えられるでしょう。

美人局に気をつける

最後は、美人局のリスクです。

美人や若いママにありがちありがちなのですが、最初からセックス目的の場合は特に注意しましょう。

頭では大丈夫と分かっていても、いざ美人局に遭うと混乱してしまい、相手の男性が怖くてお金を支払ってしまう方も少なくありません。

美人局の被害に遭わないためにも、ママとのセックスは数回デートしてからがおすすめです。

ママ活男子とセックスしたい理由

ママ活 セックス 理由

ここからは、ママがママ活男子とセックスをしたい理由を解説します。

性欲がピークを迎えている

最初の理由は、ママの性欲が年齢的なピークを迎えているからです。

男性の性欲は10〜20代がピークなのに対し、女性の性欲は30〜40代と言われています。

ママの年齢層も30〜40代が多いので、ちょうど性欲のピークに差し掛かるのです。

男性のみなさんが中高生の頃に感じたムラムラする感情を、ママは現在進行形で感じています。

そのため、若いママ活男子にセックスを求めるのも理解できますよね。

若い男性に抱かれたい

続いて、ママは「若い男性に抱かれたい」という欲を持っています。

やはり女性も男性と同じで、年齢を重ねたおじさんよりも、肌ツヤが良く、肉体的にも元気な若い男性の方が好みです。

そのため、10代や20代前半のママ活男子はママからセックスを求められることが多く、ママ活で最も人気な年齢層です。

中には「同世代くらいの男性が良い」と思っているママもいますが「セックスだけなら若い方が良い」というママが大多数でしょう。

寂しくて人肌に触れたい

最後の理由は、独身の寂しさや旦那とのセックスレスを紛らわすためです。

独身の場合、ママに彼氏がいれば問題ありませんが、そうでないのならママの性欲に応えてくれる人がいません。

また、結婚していた場合も同じです。

30代以上のセックスレスは実に50%以上と言われており、夫が応じてくれず性欲が溜まっているママは多くいます。

そのため、溜まった性欲や寂しさを紛らわすためにママ活男子にセックスを求めるのです。

ママ活でセックスをした体験談

ママ活 セックス 体験談

ここからは、私が実際にママ活でセックスをした体験談を2つご紹介します!

それぞれ「良かった話」と「悪かった話」をお話しするので、ママ活でセックスをしようと考えている方は、ぜひ参考にしてください。

良かった話

良かった話は、私がママ活を始めて2年目くらいの頃の話です。

出会い系サイトで出会ったママでした。

ママは30代前半で、結構な美人。聞けば夫とセックスレスらしく、1年以上セックスをしていないとのこと。

軽く食事をして「夫が留守だから上がっていく?」とママの自宅に招かれます。

2人でお酒を飲みながらお喋りをしていると、酔ったママとの距離が近くなり、そのままキスへ。

ママはかなり溜まっていた様子で、かなり激しくやっちゃいました。

30代くらいが一番制欲が強いって本当なんですね。

しかも、美人ママ+テクニックも凄い!今まで体験してきたどのセックスよりも気持ちよく、かなりいい思いができましたね。

また、ママも相当良かったみたいで、特別手当として5万円もゲット!

今でも忘れられない体験として、心に残っています。

悪かった話

続いて悪かった話ですが、ママ活にも慣れてきた4年目くらいの頃の話です。

初回のデートからセックスを求めてきていたママがおり、最初は断っていたのですが、押しに負けてホテルに行くことに。

こちらのママも30代で性欲がピークらしく、複数のママ活男子と関係を持っているそうです。

経験豊富なママなので、テクニックはピカイチ。

かなり気持ちよかった覚えがあります。

しかし、1ヶ月ほど経ったある日。

起床してからなぜか股間が痒い。

「これはおかしい」と感じた私はすぐに病院へ行き診てもらうと、なんと「クラミジア・毛じらみ」の2つに感染していました。

複数の男性と関係を持っていると聞いた時点でやめておくべきだったのですが、まんまと性病を移されてしまい、そのママとはそれ以来会っていません。

【結論】ママ活でのセックスはメリットとデメリットをよく理解すること

ママ活 セックス 理解

今回は、ママ活でセックスをするメリットや、注意点を解説しました。

まとめると、

  • 大前提として売春防止法やママ活の実態などの観点から、ママ活でのセックスはおすすめできない
  • ママ活でのセックスには、報酬アップ、ママとの関係性の構築などのメリットがあるのも事実
  • ママ活でセックスをするときは、性病や妊娠、既婚者の場合は不倫の問題、美人局などの注意点やリスクを押さえておく
  • ママがママ活男子とセックスをしたい理由は、制欲のピークであることや、寂しさを紛らわすなどの点が挙げられる

大切なことなのでもう一度言いますが、ママ活でのセックスには様々なリスクがあるので、おすすめはできません。

しかし、セックスをしなければ得られないメリットがあるのも事実です。

ママ活でセックスをする際は、メリット・デメリットをよく理解し、自己責任で行いましょう。

役に立ったらシェアしてね!

コメント

コメントする

読みたいところをタップ!
閉じる