Tinder(ティンダー)でママ活する方法や成功するコツを解説!

「ママ活をTinderを始められると聞いたけど、本当なのか?」

「ママ活をTinderでやると効率的なのかな?」

「Tinderでママ活を成功させるコツが知りたい」

上記のようにお考えの男性の方もいらっしゃるでしょう。

Tinder(ティンダー)は無料で始められる上に非常に使いやすく、会員数も多い非常に国内で人気のあるマッチングアプリです。

Tinderはママ活ができる出会い系サイト・アプリの中でも使い方やユーザー層が独特で特徴的です。

そこで、今回の記事ではTinderがママ活に向いている理由や、Tinderでママ活を成功させるコツをご紹介いたします。

実際にママの心理を掴んだテクニックを学べるので、Tinderでママ活を効率よく行うことが可能です。

Tinderでママ活を始めたいという方は、今回の記事を読めばTinderでのママ活により詳しくなれます。

ママ活を始めようと考えている方は今回の記事をぜひ、ご参考にしてください。

Jメールなら希望の相手がすぐに見つかる

Jメール

今なら最大20人のママと【無料】でやりとりできちゃう😂

読みたいところをタップ!

Tinder(ティンダー)とは?

Tinderとは2012年にリリースされ、米国上場企業のMatch Groupが運営を行っている海外発のマッチングアプリです。

累計マッチ数550億を突破している人気を誇ります。

さらに、非常に使いやすいマッチングアプリということで、多くの方に愛用されているのです。

基本使用料無料かつ、セキュリティーが年々向上していることから、どんどん使い勝手が増しています。

さらに、不審なユーザーを減らす取り組みがなされており、ユーザー側が安心して使えるようになっているのも大きな強みです。

若い20代の男女がメインの年齢層となっていますが、30代以上のユーザーも多く存在するので、ママ活にも向いています。

年齢別に相手の女性を絞っていくことが可能なので、ママ活をする際に有効活用することが可能です。

また、高収入なママがTinderに登録していることもあり、マッチングできれば理想的なママ活が可能になります。

上記のようにママ活に使いやすいマッチングアプリになっていることから、ママ活を行う場所として非常におすすめです。

Tinderがママ活に向いている理由

Tinderがママ活に向いている理由は下記のようになっています。

  • 課金しなくても使える
  • 年齢確認が必須になって安心
  • 距離が近い人を絞って出会える

上記のように確実にママ活のメリットになる理由ばかりです。

コスパを重視して効率よくママと会えるのでママ活に最適と言えるでしょう。

ここからはそれぞれの理由についてご紹介いたします。

課金しなくても使える

Tinderは登録料と基本使用料が無料なので、コスパよくママ活ができます。

ママ活専用アプリのsilkや各出会い系サイトと異なり、メッセージの交換などにも全く料金がかからないので、安心して相手とやり取りすることが可能です。

上手くいけば全くコストをかけずにママと出会うことも可能です。

ただ、Tinderには課金要素も存在しており、課金をするとさらに女性とマッチングする確率を強められるのがポイントです。

そこで、Tinderの課金要素としては下記のものがメインとなっています。

スクロールできます
課金サービス名機能料金
Tinder Plus「LIKE」を無制限に送れる1,200円/月~(iOS版)
2,200円/月~(Android版)
Tinder Gold「LIKE」が無制限に送れ、貰った「LIKE」や自分が「LIKE」した相手を確認できる3,400円/月~(iOS版)
3,300円/月~(Android版)
Tinderブースト自分のプロフィールが30分優先表示される730円/回~(iOS版)
653円/回~(Android版)
Super LIKE相手の画面で優先表示される「LIKE」を送れる機能196円/回~(iOS版)

Tinderは基本使用料が無料ですが、上記の課金要素を取り入れることでより多くの女性とマッチングできます。

そうすることでさらに効率的にママ活が出来るので、より手軽にマッチング率を高めたい場合は課金要素を使うことも検討しましょう。

年齢確認が必須になって安全

Tinderでは以前だと年齢確認が存在しませんでしたが、現在では年齢確認が必須になりました。

その影響もあり、悪質な業者や詐欺ユーザーが減少し、さらにTinderが使いやすくなりました。

そこで、Tinderで年齢確認をする際には下記のような手順で行います。

  • 年齢確認の画面を開いた後で、「年齢確認をする」をタップする
  • ご自身の国籍を選択する
  • パスポート、運転免許書、その他顔の見える証明書のいずれかを選択して撮影する
  • 「完了します」を選択する

上記のわずか4ステップで手続きが済むので非常に手軽です。

ただ、年齢確認には2~3時間ほどかかってしまうので、寝る前などに申請すると効率よく年齢確認を済ませることが出来るでしょう。

また、Tinderは米国の上場企業「Match Group」が運営しているため個人情報の扱いもバッチリとなっています。

さらに、年齢確認が完了した90日以内に、本人確認書類は完全に削除されるので個人情報の流出などの危険性も少なく安心です。

距離が近い人を絞って出会える

Tinderでは距離が近い人に絞って出会えるのも魅力的です。

なので、「なるべく近くに住んでいるママを見つけたい!」という方に好都合となるでしょう。

より手軽に出会いを探していけます。

Tinderでは最短2キロの異性を探すことが出来るので、より近くに住んでいる方を効率よく探せます。

ただ、距離を縮めれば縮めるほど、見つけられる異性の数は減るので、あまりにも出てくる異性が少ない場合は少し距離を離して調整していきましょう。

また、注意点として、Tinderで距離が近い人に絞っていく場合にはアプリ内の位置情報をオンにする必要があるので覚えておきましょう。

必ずiPhoneやAndroidの設定画面から、Tinderの位置情報をオンにしておく必要があります。

位置情報をオフにしてしまうとTinderで距離が近い人を絞っていくことはできなくなってしまうので、あらかじめ注意が必要です。

そこで、「位置情報をオンにすることで身バレするかも?」と考える方もいらっしゃるかと思われますが、最短表示距離は2キロなので安心です。

プロフィールに余程特定される情報を書き込んでいない場合は、身バレする可能性は低くなっています。

Tinderでママ活募集を成功させるコツ

Tinderではママを見つけるコツが下記のように存在します。

  • プロフィールは「夢」や「頑張っていること」を書く
  • プロフィール写真はできるだけ設定する
  • 探すママの年齢は30代以降で距離も設定する
  • 「ママ活コンシェルジュ」や「ママ活紹介」は無視する

どれもママ活を確実に成功させるために必要なコツです。

ママの心理を上手く掴んだテクニックもご紹介するので、ぜひご参考にしてください。

プロフィールは「夢」や「頑張っていること」を書く

よりTinderでのママ活を成功させる確率を上げるためには、プロフィールに「夢」や「頑張っていること」を書いていきましょう。

そうすることで、ママが応援したいと感じ興味を持ってくれる可能性が高まります。

ママは自分が応援したいと思った男性を支援したいと考えるので、ママ活で成功するためには応援したくなる人物像を演出することが大切です。

具体的にはプロフィールでは下記のようなことを意識すると良いでしょう。

  • 現在自分が目指している夢や、夢に向けて頑張っていることを簡単に書く
  • 起業を目指していることや海外留学するなどスケールの高い夢や目標を書くとさらに効果的
  • 「家族などに親孝行したい」などママの情に訴えかけることを意識する

Tinderのプロフィールでは上記のことを意識すると、よりママからの興味を惹くことが可能です。

また、メッセージにおいてもご自身の夢のことをさらに細かく語ると効果的です。

ママをご自身のファンにする勢いでどんどん意識の高い姿を見せましょう。

プロフィール写真はできるだけ設定する

Tinderでママ活をするのであれば、プロフィール写真はできるだけきちんと設定しましょう。

というのも、プロフィール写真はご自身のルックスに関わる部分になるのできちんと設定する必要があるからです。

プロフィール写真を適当に設定しているとTinderでのママ活はうまくいきません。

女性は勘が鋭く、プロフィール設定が雑な男性を警戒する傾向があるので注意が必要です。

なので下記の点を意識して、Tinderでのプロフィール写真を設定しましょう。

  • 清潔感を極力出したうえで写真を撮る
  • さらに見栄えをよくするためメンズメイクなどもしてみる
  • より明るく爽やかな印象を与えるためになるべく明るい場所で撮る
  • 他人に写真を撮ってもらうことでナルシスト感をないようにする
  • 他人と遊んでいる写真を使い、よりママに爽やかな印象を与える
  • より人間像を明確に表すために、メイン写真以外にもサブ写真も2~3枚設定する

上記のことを意識すると、よりママに対して良い印象を与えることのできるプロフィール写真が設定できます。

どれも容易に取り組めるものになっているので、ぜひ実践してみましょう。

探すママの年齢は30代以降で距離も設定する

Tinderで上手くママを探す場合には30代以降に年齢を絞った上で、距離もきちんと設定しましょう。

検索する際にきちんと細かく設定しないと、ママ活の対象として相応しくない若い女性なども出てきてしまうので注意が必要です。

具体的には下記のように設定すると効率よくママ活のターゲットの女性が絞れます。

  • 年齢を「35~50歳」に絞って設定する
  • 距離を「2~24km」に絞って設定する

上記のような設定すると、よりターゲットを徹底的に絞ることができるので理想的なママと
出会える可能性が高まります。

ターゲットを絞らずに検索をしてしまうと検索の効率が下がるので注意しましょう。

また、なるべくママ活の成功率を高めるためにも出てきた女性は右へ(ライク)スワイプを行うようにしましょう。

体感的に約30~40秒で作業が終わるので、そこまで負担もかかりません。

あくまでも遊び相手を見つけるのではなく、ママ活のターゲットを探すことが目的なので上記のポイントはきちんと意識しましょう。

「ママ活コンシェルジュ」や「ママ活紹介」は無視する

Tinderに稀に存在するのが「ママ活コンシェルジュ」や「ママ活紹介」を名乗るアカウントの存在です。

そのようなアカウントはママ活詐欺を行う業者の可能性が高いので無視することを心掛けましょう。

やり取りを行う必要は全くありません。

そのような業者は「高収入のママと合わせることが出来る」「たくさんママを紹介できる」など言葉巧みにメッセージを送ってくることが多いです。

しかし、一切ママを紹介してくれることはありません。

ママに合わせる口実でサイトに登録させようとしてきたり、口座を作らせようとしてくるので注意が必要です。

そこでサイトに登録してしまったり、口座を作ってしまうと個人情報を抜き取られて悪用される場合があります。

上記のように「ママ活コンシェルジュ」や「ママ活紹介」を名乗る業者は非常に悪質な手口を使い騙そうとしてきます。

最近では年齢確認の導入で業者も減ってきましたが稀に存在するので、見つけた場合はやり取りを行わないようにしましょう。

そのような業者や不審ユーザーは通報することが出来るので、見つけ次第通報して運営に対処してもらうことがおすすめです。

Tinderでコツを掴んでママ活を始めよう!

今回の記事では、Tinderでのママ活のやり方やコツを中心にご紹介いたしました。

Tinderでママ活を行う際に意識することや、細かいプロフィール作りのテクニックなども網羅した内容の記事になっています。

Tinderで手軽にママ活をしたいと考えている男性にとって役立つ内容と言えるでしょう。

そこで、最後に本記事の内容を簡単に下記にまとめます。

  • Tinderはユーザー人口も多く、年齢確認もあるため安心してママ活することができる
  • Tinderは基本無料で使えるが課金するとさらにマッチング率を高めることが可能
  • Tinderでは距離の近い異性を探すことが出来る
  • 稀に業者が存在するので、見つけた場合はメッセージを無視をして通報する

Tinderでは30代以上のママも多く存在しています。

なので、効率よくママ活を行うことが可能です。

年齢層を絞ったり、距離の近いママを検索することもできるので、最大限機能を利用してママ活に活かしていきましょう。

役に立ったらシェアしてね!

コメント

コメントする

読みたいところをタップ!
閉じる